鳥取県・島根県・不動産売買・仲介・土地物件情報・宅地の取得・土地造成・分譲・山陰・米子・ラトリーエ2・鳥取県米子市西福原

HOME-不動産・土地物件のカナートプロダクツ ≫ EmjoyおうちLIFE

カナートプロダクツの営業スタッフのおうちLIFE日記です。お客様が安心して土地購入と新築を建築できるようお手伝いいたします。

[ 2010年3月3日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


伊丹十三記念館

建設地:愛媛県松山市東石井1-6-10 設計・監理:中村好文+レミングハウス
建設地:愛媛県松山市東石井1-6-10 設計・監理:中村好文+レミングハウス

展示(7)「料理通」
展示(7)「料理通」

十三饅頭 名前もcute
十三饅頭 名前もcute

記念館の中庭
記念館の中庭

愛車のBentley
愛車のBentley

記念館の横の菜の花畑が綺麗でした
記念館の横の菜の花畑が綺麗でした
住宅雑誌等で「伊丹十三記念館」が紹介されていているのを何度か目にしていて、いつか行きたいと思っていましたが、ついに2010年2月に松山まで日帰りで行ってきました!

「伊丹十三」と言えば、映画『マルサの女』『スーパーの女』などの映画監督としてあまりにも有名なのですが、元々は俳優として活躍し、51歳の時に『お葬式』で映画監督としてデビューされたそうです。

妻(で女優)の宮本信子さんが館長として、この記念館は2007年5月15日(伊丹十三さんの誕生日)に開館しました。この記念館を作った人々の、伊丹さんへの愛情があふれる記念館となっていますし、凝り性で趣味人だった伊丹さんのこだわりも展示されています。ただガラス越しに展示物を見る、というのではなく、創作意欲にあふれ、独特の美意識を持った伊丹さんを身近に感じられる記念館です。

ずっと前に、伊丹さんの『女たちよ!』というエッセー集を買って読んだ時に、“大人の男の美学”のようなものを感じたことを思い出し、帰りに売店で『再び女たちよ!』を買って帰ったのでした♪

小さな記念館ですが、伊丹さんと建築に興味のある方なら、楽しんで過ごせるのではないかなと思います。
お土産に名物の『十三饅頭』を買いました。
見た目もcuteですが、美味しかったですよ。



←前の記事を表示  次の記事を表示→