鳥取県・島根県・不動産売買・仲介・土地物件情報・宅地の取得・土地造成・分譲・山陰・米子・ラトリーエ2・鳥取県米子市西福原

HOME-不動産・土地物件のカナートプロダクツ ≫ EmjoyおうちLIFE

カナートプロダクツの営業スタッフのおうちLIFE日記です。お客様が安心して土地購入と新築を建築できるようお手伝いいたします。

[ 2012年2月24日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


エム・アール・ホームさん『ECOクラスタ』 完成見学会

外観
外観

リビング♪テレビボードは大工さんの手作り!
リビング♪テレビボードは大工さんの手作り!

広々シンクのキッチン
広々シンクのキッチン

江田社長とLIXILさん
江田社長とLIXILさん

渡邊も乱入させハイポーズ☆意味のわからない写真に・・・
渡邊も乱入させハイポーズ☆意味のわからない写真に・・・

そんなことをしている間にお客さんですよ!
そんなことをしている間にお客さんですよ!
ご無沙汰しております、皆様お元気ですか?長いこと放置していてすみませんでした。カナートは年末年始とドタバタでしたが、お陰様で年も越しみんな元気です(。・ω・)ノ
さて、1月27日(一ヶ月前・・・;;)にエム・アール・ホームさんがECOクラスタ4号地に建築されたお宅の完成見学会へお邪魔してきました!

エム・アール・ホームさんは、昨年尚建工務店さんから独立された会社です。
施主様とじっくりゆっくり家作りを進めていく江田社長のスタンスに共感するお客様に支持されています。見学会当日も、お客様にキッチンのリフォームを相談され、社長が親切に応対されていたのが印象的でしたd(・c_・*)

今回「ECOクラスタ」4号地の施主様とは土地選びから関わって、今回の見学会開催にようやく至ったようです。外観はシックで内装はナチュラルな雰囲気に仕上がっていました。細部までこだわりが感じられて(いかにもこだわってます!という感じではなく、調和がとれているこだわりでしたよ☆)、施主様と少しづつ作っていったのだなぁと感じるお宅でした。

ハウスメーカーもローコスト住宅も良いですが、“地元の工務店とじっくり想いを伝えて家を作っていきたい!(`・ω・´)o”というお客様、エム・アール・ホームさんの門をたたいてみてはいかがでしょうか?

\WLCOME!!/ by江田社長

レポート おおにし&わたなべでした



[ 2011年11月12日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


GELATERIAらぐるぽさん

ようこそ!GELATERIAらぐるぽへ!
ようこそ!GELATERIAらぐるぽへ!

この看板が目印
この看板が目印

おいしそーう!
おいしそーう!

WELCOME
WELCOME

この景色がここの土地ならでは!
この景色がここの土地ならでは!

建物は先本組さんで建築されました。
建物は先本組さんで建築されました。
「GELATERIAらぐるぽ」さんに行って来ました♪
もう感度の高い方はご存知だとは思いますが、「ブルースカイタウン佐陀」1号地に2011年10月20日にOPENしたジェラート屋さんです。
もうすでに何種類か食べさせていただきましたが、とっても素材の味が生きたナチュラルなお味です。イタリアから取り寄せた機械で作る本格ジェラートですよー。
焼杉で作られた外壁に緑の芝生&HERBがナチュラルで、控え目な小鳥の看板がそそられます・・・(* ^,_っ^)ゞ
かわいい店内に入ると6種類のジェラートがお出迎えしてくれます。そして2FがEAT INのスペースになっていて、大山を眺めながらくつろげる空間になっています!


独立の夢を持って、住宅兼店舗の土地探しをしていたご夫婦に出会ったのは、もう2年前になります。
お二人が表現した、小さくも丁寧でかわいらしい「GELATERIAらぐるぽ」が無事OPENされ、本当に嬉しく思います!これからも訪れるお客様がほっとできるお店であって下さいね。






[ 2011年11月7日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


岩崎農園さん

たわわに実ったぶどう!甘くてとっても美味しかった(*´ω`*)
たわわに実ったぶどう!甘くてとっても美味しかった(*´ω`*)

道沿いに看板出てまーす
道沿いに看板出てまーす

カゴいっぱいのぶどうを手にお母さんと
カゴいっぱいのぶどうを手にお母さんと

おちゃめなお父さんと
おちゃめなお父さんと

いちごの事についていろいろ教えていただきました
いちごの事についていろいろ教えていただきました

お二人の愛情を受けてすくすくと成長中
お二人の愛情を受けてすくすくと成長中
さてさて、うちの食いしんぼう社長が30年来通っている、ぶどう農園さんをご紹介いたします!
(実は取材には10月18日にお邪魔していたのですが、もたもたしていたらアップがこんなに遅くなってしまいました;ごめんなさい(>_<;))
岩崎農園さんは、安来の道の駅「あらエッサ」を米子に向かって左に曲がりずっと真っ直ぐいくとたどり着きます。

明るいお母さんと、おちゃめで面白いお父さんのご夫婦でされています。ぶどうもいろんな種類(約15種類とのこと。すごい!)を作っておられます。いくつかご厚意で試食させていただきましたが、どれもお二人が愛情を込めて丁寧に作っていらっしゃるだけあり、甘さはもちろん、それぞれの個性や風味が感じられて、すごく美味しかったです。(おいしくて食べるのに一生懸命でそれぞれの名前を忘れてしまいました・・・反省(;´・ω・`))

ぶどうの季節は8月〜10月までなので、今年はもう終わってしまいましたが、冬はイチゴ(紅ほっぺという種類)をされるそうなのでイチゴ狩りもできます。ただ、イチゴは予約制ですのでご興味がおありの方は、一度下記ページの電話番号までお問い合わせ下さい。
                                          by おおにし
お二人が愛情もって育てた果物たちです、収穫するときは大切に食べる分だけ楽しんでくださいね(*^^*)



[ 2011年10月18日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


ECOクラスタに建築中!

ECOクラスタ16号地に建築中のお宅からの眺めでーす


土曜日に渡邊がクラスタの畑に寄ったところ、丁度16号地のお客様がいらして、
建築中のお宅に上がらせていただいたそうです。

写真は屋上のテラスからですが、見晴らしがいいので気持ちよさそうですね!
残念ながら、土曜日は少しけぶっていて大山が見づらかったようですが、これから冬に向けて空気が澄んでくるのでくっきり見える日も増えてくるんではないかと思います。

年内にはご入居されるとのことですので、たっぷりとクラスタからの景色をお楽しみいただけるのではないでしょうか♪(^^)



[ 2011年9月20日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


cafe GIARDINO FORESTA(カフェ ジャルディーノ フォレスタ)

ベーカリースペースにてスタッフさんと
ベーカリースペースにてスタッフさんと

カフェスペースからの眺め
カフェスペースからの眺め

入ってすぐ左の雑貨スペース
入ってすぐ左の雑貨スペース
9月1日に上福原にオープンした『GIARDINO FORESTA(ジャルディーノ フォレスタ)』のプレオープンへお邪魔してきました〜!
渡邊がご招待いただいたのに便乗して、事務所の女性スタッフで行ってきました。(お留守番を社長にお願いして)

入口の庭園に小川が流れていて、とても涼しげでした。
外観の写真も撮ったのですが、カメラの腕前が残念すぎてうまく撮れず・・・ごめんなさい。ステキな外観ですので、是非ともご自身の目でご覧くださ〜い(笑)

さて店内に入ると、スタッフさんの元気な声と、美味しそうな香りが鼻をくすぐるベーカリースペースがお出迎えしてくれます。その反対側、左手には可愛らしい雑貨スペースもありますよ!

奥のカフェスペースに案内していただき、窓際の席に座りました。大きな窓ガラスからお庭が見えて、景色を楽しみながらお茶ができます。カフェスペースから見える厨房には本格的なピザ焼き窯がありました。ピザ焼き職人さんもいらっしゃって、本格的なナポリピザが味わえるそうです!いつか私も食べてみたいです!

その時に聞いたお話では、なんと本格的なレシピのピザを作るには資格がいるそうです。驚きました。ピザって奥が深いんですね・・・
プレオープンのときは緊張してお茶だけでしたが、パンやピザもいただいてみたいです。
プレオープンは8月30日だったのですが、ブログに載せるのが遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした(~_~;)



[ 2011年7月22日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


7月21日は

鰻定食
鰻定食
土用の丑の日

・・・という事で、昨日決済が終わった後にクラスタのお客様と鰻を食べてきました!
でも土用の丑の日になぜ鰻を食べるようになったんでしょうか?気になったので調べてみました。


『鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年)の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。(ウィキペディアより)


なるほど、商品を買ってもらうための知恵から始まったんですね。

でも、『実際鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できる』とも書いてあったので、暑い夏を乗り切るためには良いかも知れませんね。



[ 2011年6月7日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


やすのスペースデザインさん

真ん中の机は手作りで、人数に合わせて長さが調節できるようになってるそうです
真ん中の机は手作りで、人数に合わせて長さが調節できるようになってるそうです

マリメッコのマグカップ
マリメッコのマグカップ

手触りの良いワンコの赤ちゃん用ブランケット
手触りの良いワンコの赤ちゃん用ブランケット

和物柄の小物たち
和物柄の小物たち

一人がけソファに座りご満悦の渡邊をパチリ
一人がけソファに座りご満悦の渡邊をパチリ

マリメッコの布地で作られたアイテムたち。色が鮮やかで明るい気分になりますね。
マリメッコの布地で作られたアイテムたち。色が鮮やかで明るい気分になりますね。
先週6/2に前々からスタッフの間で『行きたい行きたい』と話していた、"やすのスペースデザイン"さんにお邪魔してきました!

事務所に誰もいないのはいけないので、社長にお留守番をお願いして、女性スタッフ三人で行ってきました(^▽^)/

入ってすぐにマリメッコのグッズが置いてあったり、奥の展示スペースには食器や、インテリアが展示されていました。お店の雰囲気もとてもゆったりしていて、落ち着いた空間になっていました。

あいにくの雨で天気は良くなかったですが、可愛くておしゃれな物が見れて幸せな気分になれたのでした(´▽`*)
やすのデザインスペースさんご協力ありがとうございました!

マリメッコの布地を使って作る、裁縫教室なども開かれているそうです。興味がおありの方は是非お問い合わせくださいね!



[ 2011年5月20日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


LIXILさん

RenoLX(レノLX)シンプルですっきり機能的なデザイン。
RenoLX(レノLX)シンプルですっきり機能的なデザイン。

レトロな雰囲気の洗面台。
レトロな雰囲気の洗面台。

「REGIO」陶器の落ち着いた風合いが漂ってます。
「REGIO」陶器の落ち着いた風合いが漂ってます。

せっかく撮らせていただいたのでブレがわからないサイズで(笑)
せっかく撮らせていただいたのでブレがわからないサイズで(笑)

「インプラス」住宅エコポイントは7月末までなので、取付けをお考えの方はお早めに!
「インプラス」住宅エコポイントは7月末までなので、取付けをお考えの方はお早めに!
営業の渡邊が復帰し、事務所メンバーも顔ぶれが変わりました。
そこで、先日リニューアルオープンしたLIXIL(リクシル)ショールームへ、ご挨拶も兼ねて取材に行ってきました!

リクシルって?と聞き慣れない方が多いと思いますが
トステム、INAX、サンウェーブが統合して新しく生まれ変わった会社さんです。


始めにキッチンから洗面台、お風呂、トイレと案内していただき、最後にサッシの説明をしていただきました。
どのブースでも、やはり新しいものはデザイン性も高く使いやすさも考慮してあり、説明を受けながら『おぉー、すごい』と3人そろって感嘆しておりました!

また、ショールームの内装もオシャレでした。入ってすぐのカウンターのタイルが可愛くて、渡邊はすっかり心奪われておりました(笑)帰りがけに、今回担当してくださった方とカウンター前で写真を撮らせて頂いたのですが、カメラの腕が下手すぎてボヤけてしまったので小さめの画像で・・・。せっかくお時間とっていただいたのに申し訳ありません(T_T)

スタッフさんの対応も優しく丁寧に教えてくださるので、リフォームをお考えの方や、新築で内装をお悩みの方はぜひ一度ご相談に足を運ばれてはいかがでしょうか?(*^-^*)/

リクシルさんこの度はお忙しいところお時間とって下さりありがとうございました!






[ 2010年9月7日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


米子造園さん

米子造園さんの最近の施工例です
米子造園さんの最近の施工例です

長住社長です!
長住社長です!

施工例
施工例

施工例
施工例

お客様にプレゼントする木を選びに、名和町の花木園へ長住社長と行きました♪
お客様にプレゼントする木を選びに、名和町の花木園へ長住社長と行きました♪

水が庭にあるのも涼しげですね
水が庭にあるのも涼しげですね
米子造園さんには、「西福原ソレイユ スクエア」でお客様のお宅の植栽をしていただき、大変お世話になりました。今回は改めて、植栽の魅力について教えて頂きたく、米子造園さんを訪問させていただきました。

米子造園さんは、創業 大正5年の庭作りの老舗で、本格的な和風庭園から最近の新築の外構まで幅広い施工実績があり、また造園技能士の数も県内第2位を誇ります。
そして何より、造園を愛する長住社長が米子造園さんの最大の魅力です。

長住社長に、これから新築・外構をお考えのお客様へ植栽選びのアドバイスを伺いました。
「最近の建築様式の変化により、庭に植える植物は松やマキなどの樹形を整えるものから自然に野山に生えている雑木へとシフトしていっています。
シンボルツリーで最近好まれるのは、ソヨゴとシマトネリコです。ソヨゴは、常緑樹で赤い小さい実をつけ、また成長の速度が比較的ゆっくりなことが人気のようです。シマトネリコは、オリーブなどと同様温かい地域の植物ですが、温暖化の影響で山陰でも育つようになり、最近植える機会が多くなりました。
また、最近では、実のなる植物も人気で、ジューンベリー、ヒメイチゴも可愛らしさと育てやすさで人気です。あとは、何といっても植える場所の環境に合った木を選ぶことが重要で、珍しいからとか好みだけで選んでしまうと、上手く育たないこともありますので、プロに相談してみて下さい。」ということでした。
造園を愛する長住社長に、植栽について分からない事があれば、お気軽に聞いて下さいね。

新築のお家に、植栽という彩りと潤いを添えて、これからの生活をお客様が楽しんで過ごしていただくことを私達も望んでいます。

有限会社米子造園  鳥取県米子市夜見町2945-6
TEL:0859-29-2194 長住(ながすみ)社長
今回、「庭 第141号」を参考に米子造園さんの勉強をさせていただきました。この雑誌の中には米子造園さんの歴史と長住社長の「庭と自然に向かい合う日々」が特集されています。
これを読んで、「自然」という長い営みの中で私達が暮らしていること、またその中で命ある植物が育っていき、また私達も育てられるのだということを考えさせられました。
皆様にもお花ひとつ植えることからでもスタートしてみて、四季を感じ、植物を育てる暮らしをして欲しいなぁと思います。



[ 2010年7月30日掲載 ]

→前のページへ戻るクリックで拡大写真


ECO LIFE

購入しました!Panasonic 生ごみ処理機 リサイクラー!
購入しました!Panasonic 生ごみ処理機 リサイクラー!

うちの畑のお野菜
うちの畑のお野菜

乾燥後
乾燥後

畑にまきまき・・・
畑にまきまき・・・
ECOな暮らしに少しでも貢献できないかと、この度「生ごみ処理機」を購入しました!

以前から度々、家電屋さんでチェックをしていましたが、暑くなってきたので購入を決意しました。
料理をすると、どうしても生ごみを入れたごみ箱に小ハエが寄ってきたり、臭いがしたりと気になっていましたので、清潔に生ごみを再利用できるとあって、わくわくしながら使ってみると・・・。

モーターで生ごみを乾燥させるので、動いている間の音は多少気になりますが、パラパラと良く乾燥された(元)生ごみは、茶色いポプリのような形に変身!
写真に写っている鍋に入れた(元)生ごみは2日分です。
これから使っていくのが楽しみです♪

自治体の補助があります。米子市は上限で20,000円の補助がありますよ。
〒683-8686 米子市中町20番地 米子市環境政策課TEL:0859-23-5300
あれから約1ヵ月後・・・
現在もリサイクラー君は活躍しております。台所が清潔になって、臭いもないし、快適に炊事ができています♪



←前の記事を表示 [1] [2] [3] [4] [5]
次の記事を表示→